2011年2月26日土曜日

新たなる挑戦!甲状腺ホルモン障害と不妊症の副作用

現在、パーソナルトレーニングをしている女性は42歳で、甲状腺ホルモン障害があるため、
頻繁にホルモン調整のため病院へ通われています。
また、妊娠を望まれているため、女性ホルモンの投与もかなりしたようです。
そのため、7パウンド-約3キロ体重が増加してしまいました。
トレーニングを始めて2週間後に1.5キロの減少だったのが、1ヵ月後また0.5キロ増加してしまった・・・。
本人も、私もがっくり。
甲状腺ホルモンは、新陳代謝ととても関係があるのでこれがうまく機能していないと、運動をしても、体重減少が難しいのです。
その上、3ヶ月かかって投与された女性ホルモンの量もかなりだったらしく・・・頭を抱えております・・・が、悩んでいても始まらないので、リサーチ、リサーチ!!
いつも役に立ってくれるのが、PT on the NET
プロフェッショナルインストラクターのために作られたリサーチサイト。
いろんなエクササイズもリサーチできるほか、沢山の参考資料がのっていて、全て科学的研究、医学的根拠を基にしているので、信頼度も高い。
NYSCで働いていた時に、会社からの推薦で登録したので、間違いないと思います。

そこでみつけたのが、甲状腺障害の人は、筋肉を増加させる運動で効果が出るそう。
いままで、有酸素運動系を優先していましたが、ハイパートロフィー(筋肉増加)のエクササイズを増やして、結果を見てみようと思います。

ちょっと安心した私。

いつまでも、挑戦と、勉強は続けなくちゃいかんですねー。

0 件のコメント :

コメントを投稿